安いウォーターサーバー 失敗例

  • HOME > 安いウォーターサーバーを探す時の失敗例

失敗しない!安いウォーターサーバーを探すポイント

 せっかくウォーターサーバーを導入するんだから失敗したくないのは誰でも同じです。
でも、レンタルサーバーには各メーカーごとに色んな料金が設定されているから、気付かなかった出費なんかがあると嫌ですよね。

少し水のランクを下げて安いサーバーを選んだのに、結局他社より高かった」なんて、目も当てられません。

 そこで、安いウォーターサーバーを選ぶ時に注意する点を挙げてみました。

大切なのはウォーターサーバーのトータル維持費が安い事

 ウォーターサーバーには、お水購入代金の他に、サーバーレンタル料金メンテナンス料金初回導入費用配送料、そしてサーバー電気代などがあります。
 最近では、サーバーレンタル料無料初回費用サービスなんてメーカーもありますが、その分お水の値段が高かったり、年間メンテナンス料が掛かったりと、どこかで釣り合いを取っている事も多くあります。

 そのため、レンタルサーバー比較などでよく水の値段だけをピックアップしているものがありますが、サーバー水の種類も違えば、掛かるお金が水の価格だけじゃないものなど、何でもまとめて比較されても全く意味がありません。

 大切なのは、ウォーターサーバー全体の維持費が安いということです。

でもやっぱり飲みたい水を選ぶのが失敗しないコツ

 ウォーターサーバーを入れようと決めた時、その理由がそれぞれにあったと思います。

塩素の問題や貯水タンク、放射能汚染が恐いから」とか「美味しいミネラルウォーターを何時でも飲みたいから」とか、導入を決めた理由によって選ぶ水も変わって来るはずです。
 料理から飲み水まですべての水が安心できればいいと割り切るなら純水(濾過水)でも良いでしょうし、美味しいミネラルウォーターが飲みたいとかダイエットでバナジウム水を愛飲したいのなら、それを選ばないとまず後悔するでしょう。

 もちろん料金が安いレンタルサーバーなら嬉しいけど、そのために納得のいかないサーバー水を選ぶのはお勧め出来ません。

 ちなみに、サーバー水の種類ごとに費用を比べてみると、言うほど値段の差が少ないのが分かります。

人気記事
⇒「レンタルサーバーは天然水だけじゃない!サーバー水の種類」こちら

バナジウム天然水ウォーターサーバー