レンタルサーバー水の種類

  • HOME > レンタルサーバーは天然水だけじゃない

レンタルサーバーの水はどんな種類があるの?

サーバー水の種類

 現在、巷でどんどん人気が過熱しているウォーターサーバーですが、私は初めの頃「サーバーの水は天然水しかない」と思っていました。。

 今となれば恥ずかしい話ですが、私みたいに思っている方は結構いるんだそうです。
全部ミネラルウォーターなんでしょ?」とか、「栄養豊富な水なんでしょ?」とか。

 でも、いろいろ調べていくうちに、そうじゃないって事がすぐ分かりました。。

サーバーの水は3種類

 まず、ウォーターサーバーの水は大きく別けて3つの種類に分けられます。

  • 地下水を汲み上げたそのままの天然水ナチュラルウォーター
  • 水をとことん濾過した純水(濾過水)
  • 純水に人工的にミネラルを含有させた調整ミネラルウォーター

 そして、それぞれにお水の値段や仕様も変わってきます。

 レンタルサーバーを比べるとき真っ先に目がいくのは水の価格ですが、つまり水の種類を決めないと料金比較も意味が無いって事になります^^;

種類別サーバー水の良いところ悪いところ

じゃあ、それぞれどういうメリットがあってどこがダメなの?」って事で、表を作ってみました^^ノ

メリットデメリット
天然水長い年月を経て出来た天然そのままのミネラルウォーター!地下深くから汲み上げた高級水で美味しさ一番、バナジウム水もこれ。ちょっと値段が高め。
純水ウイルスや菌より小さい有害物質も取り除いた超クリーンなピュアウォーター。安心度の高い綺麗な水。リターナブル容器(※1)がエコだけど不人気要素。サーバーを入れるならミネラルウォーターを選ぶ人が多い。
調整済み
ミネラルウォーター
濾過水に4大ミネラルをバランス良く配合した安心ミネラルウォーター。人工的なところが不人気。濾過水だから原料が水道水もあり、イメージが良くない。
(※1:リターナブル容器とは、サーバーに設置する要返却の水ボトルの種類で、変形しない硬質PET樹脂容器の事。空ボトルを毎回返すタイプ。)

 こう見ると、水の種類によって全然違う事が分かります。
そして、天然水が高級だってことも一目瞭然。

 天然水だけど安心して飲めるって事は、それだけ採取地のブランドとか厳しい水質検査などの手間ひまが掛かっているわけですからね^^b

 そして天然水には、ダイエット中の女性やお腹まわりのぜい肉を気にする男性に大人気のバナジウム水もあります♪

iDEALウォーターサーバーはバナジウム天然水!

 オシャレなサーバーデザインとリーズナブルな料金で体型を気にする女性に話題の「iDEAL WATER(アイディールウォーター)」ウォーターサーバーも、富士の高品質バナジウム天然水です!

 水タンクボトルもワンウェイ方式(※2)だから、わざわざ返却する手間も必要なく、小さくコンパクトに折り畳めてゴミとして捨てられて、邪魔になりません♪
(※2:ワンウェイ方式とは、水ボトルが自分で潰して処分できるペットボトル容器で、空ボトルの保管・返却が不要の方式。)

人気記事
⇒「アイディールウォーターの美味しい天然水の秘密」こちら

⇒「レンタルサーバーのワンウェイ方式とリターナブル方式」こちら

バナジウム天然水ウォーターサーバー