高齢者の宅内熱中症 予防と対策

  • HOME > 高齢者の宅内熱中症の予防と対策に

高齢者の宅内熱中症の予防と対策

高齢者の宅内熱中症 予防と対策

 真夏の暑い時期になると毎年ニュースで流れるのが、高齢者が自宅で熱中症になってしまう出来事です。高齢者の方はエアコンを使う事に抵抗がある方も多く、また熱中症についての認識も曖昧な場合が多くあります。

 熱中症は宅内でも屋外と同じように起こります。

 勘違いされている方も多いのですが、熱中症は炎天下の日差しの下でなくても、熱気のこもる室内でも十分に注意しなければいけません。

 そこで宅内熱中症にならないための予防法と対策をご紹介します。

熱中症予防のポイント

我慢せずエアコンを使う
 熱中症は体の体温調節機能が低下して高温となる症状です。つまり、室内の気温が涼しい環境であれば予防する事が出来ます。別に、寒過ぎるほど温度を下げる必要はありません。設定温度を27度前後に設定する事でも十分に熱中症を予防する事が出来ます。

シャワーを浴びる
 体にこもった熱を下げる上で、ぬるめのシャワーを浴びる事は非常に有効です。昼間の暑い時間帯にシャワーで体をクールダウン(冷やす)工夫を取り入れましょう

こまめに水分を取る
 高齢になると頻尿の不安から、水分を摂取する事を意識的に控えてしまう傾向があります。しかし、体を正常に保つ上で水分の摂取・代謝は必要不可欠です。もちろん、若い頃に比べて代謝力は落ちていますから、飲む量も減ってきますが、コマメに水分を補給する事が大切です。

熱中症対策で水分を摂る方法

 コマメに水分を摂る方法は、高齢者の健康を保つ上でとても大切だとご紹介しましたが、頻尿や睡眠中の頻繁なトイレが嫌という方も多いです。そこで、おすすめの水分摂取方法があります。

熱中症対策で水分を摂る方法

 朝、起きがけに1杯の水を飲みましょう。
 睡眠中は思っているよりも汗をかいて脱水しています。起きがけに水を飲む事で血液のドロドロを解消し、健康的な1日をスタート出来ます。

 午前中を中心に、日中たっぷりの水分を摂りましょう。
 高齢者が水分を敬遠する原因に、睡眠を妨げられる「夜中のトイレが嫌」ということがあります。そこで、起きてから正午までを中心に日中メインに充分な水分を摂るようにし、夜や就寝前は少し控えめにするのがおすすめです。
 もちろん、喉が渇いたらいつでも飲む事が前提ですが、このリズムを作ることで、たっぷり水分補給しながら睡眠中のトイレの不安も考慮する事が出来ます。

熱中症にはミネラルたっぷりウォーターサーバーがおすすめ

 熱中症対策には水分摂取が必要だということは誰もが知っていますが、「水道水が不味い」「ミネラルウォーターを買い出しに行くのが一苦労」などの声もよく聞かれます。
 いくら高齢者だからといっても、食事以外で1日に最低でも1リットル(コップ5〜6杯)ほどの水分補給が必要と言われています。お茶や紅茶を含めてもそれほど飲んでいないという方は、今後の熱中症に注意が必要です。

 そこで宅配ウォーターサーバーがおすすめです。
 いつでも簡単に美味しくて冷たいミネラルウォーターを飲む事ができ、買い物で重たいペットボトルを買う必要なく、自宅まで高品質水を配達してくれます。

 中でも、業界最安値で安全な天然水が人気の「iDEAL WATER(アイディールウォーター)」ウォーターサーバーは、バランスのいいミネラル配合ながら、1日10数回にも及ぶ水質検査を行っており安心です。

 飲みたいと思った時にコップに注ぐだけでいいから、使い方も簡単です。

 アイディールウォーターのMt.HUJI(富士のお水)は、赤ちゃんでも大丈夫の柔らかい軟水で飲みやすく、バナジウムというミネラルが含まれた糖尿病や体重を気にする方に大人気の天然水です。

 アイディールウォーターについて詳しく調べた記事もありますので、よろしければご覧ください。
⇒「アイディールウォーターの美味しい天然水の秘密」記事こちら

バナジウム天然水ウォーターサーバー